アルペンスキーについての考察

私(平野陽一)の専門分野は航空機とロケットの構造力学です。 むかし東京大学宇宙航空研究所(JAXA宇宙科学研究所の前身)にいましたが、その後中央大学理工学部に勤務していました。 スキーが大好きでしたので、アルペンスキーの力学について理論的、実験的研究を多田憲孝氏と行いました。 スキーでなぜ高速滑降できるのか、なぜ回転滑走ができるのかという疑問の解消が研究の動機です。

研究過程でJSEA機関紙に解説記事を書きましたので紹介します。 JSEA(Japan Sports Engineering Association) は日本スポーツ産業学会スポーツ工学専門分科会のことです。 この分科会の活動は日本機械学会スポーツ工学*ヒューマンダイナミクス部門に引き継がれています。   1.アルペンスキーの力学と最速経路、JSEA機関紙 スポーツ工学、No.3,2008,pp。47~55. 2.アルペンスキーの力学概説、スポーツ工学、No.6,2011、pp。11~19. を紹介します。 数式が少しありますが、文章だけ読んでいただいても内容を理解していただけると思います。  下のボタンをクリックしてください。